脱毛の施術時の痛みが我慢できない場合の麻酔の効果とは?

最近は無痛脱毛などもありますが、効果の高い医療レーザー脱毛は痛みがゼロということはありません。

 

女性

 

痛みの感じ方は人によって違うものの、中には我慢ができない人がいるのも事実です。

 

ここでは、痛みが我慢できない場合の麻酔についてご紹介します。

 

部分脱毛なら麻酔クリーム

 

麻酔クリームは、脇脱毛やVIO脱毛など部分脱毛に適している麻酔です。

 

施術部位にクリームを塗ると皮膚の感覚が鈍ってきて、だんだんしびれたような感じになっていきます。

 

簡易麻酔の中ではもっとも効き目が強いので、痛みに弱いという方でも安心して脱毛ができます。

 

ただし効果が現れるまでにしばらく時間がかかるため、施術が始まってから使っても痛みを緩和できません。

 

痛みを感じやすい方は、事前に麻酔の使用を伝えておくといいでしょう。

 

しびれる感覚はしばらく続きますが、日常生活に支障が出ることはありません。

 

ちなみに主成分となる「リドカイン」は、一度にたくさん塗布するとアレルギーを発症する可能性があります。

 

使用量が決まっているので、全身脱毛に使われる場合でも、痛みが強い部分にしか使えません。

 

気軽にできる笑気ガス

 

笑気ガスは歯の治療でも使われるガスタイプの麻酔です。

 

主成分は「亜酸化窒素」で、これを吸入用マスクから鼻で吸うと30秒から1分ほどで頭がぼんやりしてきます。

 

適量のお酒を飲んで、気分よく酔っ払っている状態に似ています。

 

痛みに対して体全体が鈍感になり、不安な気持ちが取り除かれてリラックスできるのが笑気ガスの特徴です。

 

人によっては眠ってしまうこともありますが、全身麻酔のような強さはありません。

 

麻酔効果もガスを吸っている間しか続かないので、施術が終わればすぐに正常な状態に戻れます。

 

ただし妊婦さんには使用禁止ですから、妊娠している可能性がある方は麻酔クリームなど違う方法にしてもらってください。

 

このように医療レーザー脱毛では麻酔を使用できるので、痛みが心配な方でも安心して施術が受けられます。

 

といっても別途料金がかかってしまいますから、最初から使うのではなく、カウンセリングでテスト照射をうけてみて判断しましょう。

顔脱毛サロンランキング