銀歯があるけど顔脱毛は問題ないのか?歯が痛い時はやめとくべき?

銀歯があったり歯が痛かったりすると、顔脱毛はできないと思う方もいるでしょう。

 

銀歯

 

また、顔脱毛に通っている間に、歯の治療をすることになったらどうすればよいのか不安に思う方もいるでしょう。

 

ここでは歯の治療と顔脱毛の施術の関連性についてご説明します。

 

銀歯があっても顔脱毛できる?

 

虫歯を治療して銀歯をかぶせている場合、脱毛サロンで施術を断られてしまうケースもあります。

 

特に前歯の銀歯、鼻下脱毛などの光が銀歯まで届いてしまう可能性があります。

 

銀歯だと断られる理由は、銀歯に脱毛の光が当たると熱が発生する可能性があるからです。

 

光脱毛はメラニン色素だけに反応するというイメージがありますが、金属に当たっても反応します。

 

また、銀歯だけではなく他の歯の治療でも断られることがあります。

 

  • 金属製の矯正器具を使った歯列矯正治療
  • 金属製の差し歯
  • 金属製のブリッジやインプラント

 

銀歯を入れていなくても、こういった治療を行っている方は契約前に必ず申告しましょう。

 

どんな治療法であっても、金属を使っている場合は健康被害が出るリスクがあります。

 

対応してくれるサロンの場合、銀歯を何らかの素材で隠して照射するなどの方法がとられています。

 

歯に銀歯などの懸念事項がある場合は、必ず事前に脱毛サロンのスタッフに確認しておきましょう。

 

歯が痛い時は治療をしない方が良い?

 

脱毛の施術は虫歯に悪影響を及ぼすことはありません。

 

ですので、痛みがあるとしても施術を受けられるのであれば、断られることもありません。

 

ただし歯が痛くてどうにもならないという時はやめておくべきです。

 

せっかく予約したのだから、という思いもあるでしょう。

 

予約が取りづらいお店なら、なおさら痛みを我慢してでも施術を受けておきたいですね。

 

しかし、施術の途中で痛みに耐えられなり中止となったら、その分の1回は消費されてしまいます。

 

どうしても施術を受けたい場合は、事前にスタッフに現状をきちんと伝えて相談してみてください。

 

治療をする上で薬を服用しているのであれば、痛みに関係なく施術が受けられないこともあるため、服用の有無もきちんと伝えましょう。

 

歯の治療中の脱毛に関しては、治療に使用する「材質」が大きく関わっています。

 

材質によってはまったく問題なく施術ができるので、正しく把握してカウンセリング時に伝えておくのが鉄則です。

顔脱毛サロンランキング