ハイパースキン脱毛の仕組みやメリット・デメリットとは?

子どもでも脱毛ができるというぐらい肌に優しい脱毛法として注目されているのがハイパースキン脱毛です。

 

敏感肌で施術を受けられなかった人でも、レーザー脱毛の痛みに耐え切れず施術が続けられなかった人でも、ハイパースキン脱毛ならしっかりムダ毛処理が可能です。

 

ではハイパースキン脱毛は従来の脱毛と何が違うのか、その仕組みやメリット、デメリットなどを見ていきましょう。

 

ハイパースキン脱毛の仕組み

 

ハイパースキン脱毛では、現在活動している毛根組織ではなく、休止期に入っている毛包に対して特殊な光を照射します。

 

休止期の毛包に光が当たると発毛因子が減少するため、毛乳頭細胞の分裂が行われなくなるのです。

 

ムダ毛は毛乳頭細胞が分裂を繰り返すことで成長します。

 

その分裂が行われないので、毛根組織にダメージを与えなくてもムダ毛が再生されなくなるというのがハイパースキン脱毛の仕組みです。

 

ハイパースキン脱毛のメリット

 

ハイパースキン脱毛は、メラニン色素に対して熱を加える光脱毛とは違います。

 

毛根組織よりも肌に近いバルジ領域に存在する毛包にダメージを与える脱毛法なので、光脱毛とはまったく違うメリットがあります。

 

  • 高熱を使わないので痛みがない
  • 毛周期に関係なく施術できる
  • 短時間で施術が終わる
  • 短期間で脱毛が完了する
  • 日焼けやほくろがあっても脱毛が受けられる
  • ムダ毛の濃さに関わらず効果が得やすい

 

これだけたくさんのメリットがあるので、光脱毛から乗り換える人が増えているのですね。

 

ハイパースキン脱毛のデメリット

 

メリットだらけのハイパースキン脱毛ですが、残念ながらデメリットもあります。

 

それは最新式の脱毛法なので、脱毛効果がどれぐらい持つかを証明する実験結果がないということです。

 

ニードル脱毛やレーザー脱毛などは、開発されてから何十年もたっています。

 

また光脱毛もある程度の歴史がありますし、症例数も多いので効果の持続性もわかっています。

 

しかしハイパースキン脱毛は歴史が浅いため、効果の持続性が不明というのがデメリットと言えるでしょう。

 

光脱毛のデメリットをすべてカバーしているハイパースキン脱毛ですが、永久脱毛効果はありません。

 

ですが、それを凌駕するメリットがあるので、検討する価値はありますね。

顔脱毛サロンランキング