脱毛サロンはクーリングオフが認められない?

無料カウンセリングを受けたら、つい気持ちが乗ってしまって契約をしてしまうということもありますね。

 

後悔する女性

 

ですが冷静になってみると、「やっぱり高額だから検討し直したい」という気持ちになるかもしれません。

 

無条件で解約するには「クーリングオフ」という制度がありますが、脱毛サロンでも適用されるのでしょうか。

 

脱毛サロンはクーリングオフ適用外?

 

クーリングオフは決められた条件を満たしていれば、無条件で契約を解除できる制度です。

 

この制度の対象となるのは、以下の条件によって商品を購入した場合に限ります。

 

  • 訪問販売によって強引に契約をさせられた場合
  • 電話での勧誘で契約をした場合
  • 考える時間がないまま契約をした場合
  • キャッチセールによる契約

 

この条件を見ると、自分から赴いて十分に検討する時間がある脱毛サロンはクーリングオフ対象外となります。

 

しかしクーリングオフ制度の改訂により、脱毛サロンは「特定継続的役務提供」と呼ばれる分野に入っています。

 

この分野は訪問販売や電話勧誘以外のサービスで、クーリングオフが適用されます。

 

ですので例え自分からお店に行って契約をした場合でも、脱毛サロンではクーリングオフができるのです。

 

クーリングオフをするときの注意点

 

脱毛サロンでもクーリングオフが認められていますが、適用条件があるのでしっかりチェックしておきましょう。

 

まず契約期間が1ヶ月以上であることと、コース料金など契約した金額が5万円以上でなくてはいけません。

 

これらの条件は、基本的に脱毛サロンでの普通の契約に当てはまるので問題ないと思います。

 

ただ一つ気を付けたいのは契約してからの期間です。

 

クーリングオフができるのは、契約を結んだ日から8日以内と決まっています。

 

つまり9日目に手続きをしても適用されないのです。

 

クーリングオフは書面で出来ますから、解約したい場合は早めに手続きを行ってください。

 

ちなみに契約と同時にローンを組んでいるのであれば、クレジットカード会社にも通知を送るようにしましょう。

 

また不備があって手続きができないとクーリングオフ適用期間を過ぎることもあるので、書面に記載する事項はしっかり確認してくださいね。

顔脱毛サロンランキング