ムダ毛の黒はメラニン!メラニンと光脱毛の関係とは?

ムダ毛というのは、もともとは白いもので、成長過程でメラニン色素によって黒く着色されます。

 

光脱毛ではこのメラニン色素が効果に大きく関わっています。

 

また肌トラブルのリスクにもメラニン色素が関わっているので、メラニンと光脱毛の関係を理解しておきましょう。

 

光脱毛の仕組み

 

光脱毛では、脱毛に適した光を施術部位に照射し、メラニン色素に反応させて熱を作ることで施術を行います。

 

この光は波長が長いので、メラニン色素に反応してムダ毛の元にある毛根組織まで熱を伝えます。

 

すると熱によって毛根組織の発毛する機能が低下します。

 

発毛機能が低下すれば、当然ムダ毛の成長も滞るので、結果的に脱毛や減耗効果が得られるのですね。

 

この仕組みから分かるように、光脱毛であってもメラニン色素がなければ熱は作られません。

 

そのため、メラニン色素が薄い産毛や金髪、白髪のムダ毛だと効果が出にくいのです。

 

メラニン色素なら何でも反応してしまう

 

普通、メラニン色素と聞けば、顔のシミやくすみを引き起こすものというイメージがありますね。

 

ですがメラニン色素は茶色や黒い色の色素細胞なので、髪やムダ毛の色も同じ色素細胞によって色付けされています。

 

光脱毛の光は、肌に沈着しているメラニン色素とムダ毛の色付けをしているメラニン色素を区別することはできません。

 

黒いメラニン色素であれば、どこに沈着しているものであっても反応して熱を発生させます。

 

つまり、シミがあればシミに反応しますし、日焼けをしていれば日焼け部分に反応して熱を発生させるのです。

 

これが酷いトラブルの原因となります。

 

ですので施術部位にシミやほくろがあったり、日焼けをしていると炎症を起こす可能性があるのですね。

 

光脱毛は脱毛法の中でも効果が高いと言われています。

 

それはメラニン色素に直接反応させられるからなのですが、その反面、すべてのメラニン色素に対して熱を発生させてしまうリスクがあります。

 

ですが広範囲の日焼けさえしていなければ、シミなどはテープで隠して施術できるので、きちんと対応してくれる脱毛サロンを選びましょう。

顔脱毛サロンランキング